Scratch で遊んでみる

小学校6年生のプログラミングでも使われている「Scratch」というサイトで遊んでみました。

前回遊んだ「VISCUIT」のアプリに比べると、かなり本格的なアニメーションプログラミングです。

↓画面はこんな感じ。

アニメーションに必要な、「動き」「イベント」「制御」などが一通り出てきます。

この色々な「アクションのブロック」をくっつけていくとプログラムができるのです。

↓例えば、以下のようにブロックをくっつけると、

↓こちらの動画のような動きをします。

このサイトを使いこなせることができれば、もう立派なプログラマーですね。