Adobe Animation CC を使って、JSでウゴツールのようなものを作りました。【解説】

JSでウゴツールのようなものを作りました。

描いた絵が揺れます。

絵を描く時は、Shapeをいくつも使って、絵を揺らす時は、Shapeを1つ、中のGraphicsを1つだけ使う方式にすると、動きが軽くなりました。

g.beginStroke(“#000”).setStrokeStyle(5, “round”, “miter”).moveTo(oldPosX,oldPosY).lineTo(posX,posY);

Graphics の設定は、チェーン式にしても書けるようです。

Adobe Animation CC でHTML5で書き出すと、ソースは難解なものになる。モバイルでも動かないこともあった。

先々使わないかも・・・。