データ分析に使われる「R」というプログラム言語がおもしろそうだという話

データ分析の分野で、「R」というプログラム言語が流行っているそうです。

他の言語と、どこが違うのだろうと調べてみると、

↓こちらのサイトが参考になりました。

大きなリストのデータを元に必要な情報だけを抽出できる、

さらに、エクセルで表示するようなグラフが簡単に作れそうなイメージです。

棒グラフ | カテゴリーで分けられるデータの視覚化(棒グラフおよびエラーバー)

主にリストを使用するため、

for文などのループ文をできるだけ使わないように、特別な関数も用意してあるので、便利そうです。

関連書籍