Firebase のデータ更新内容を ローカルマシンの node.js で受信する

以前、Google Home mini で、時間が来たらメッセージをお知らせしてくれる機能を作りました。

今までは、ローカルの環境を「ngrok」を使ってグローバルに公開するようにしていました。

Google スプレッドシート(GAS) → ローカルパソコン(Google notifier)

しかし、この場合、ローカルパソコンのnode.js のサービスを立ち上げるたびに、ngrok のアドレスが代わり、コードの変更の必要があったので不便でした。

しかし、もっと良い方法がありました。

↓こちらのサイトを参考にして、Google Home mini への通知を改良しました。

Google スプレッドシート(GAS) → Firebase データベース更新 ← ローカルパソコンが更新データをリアルタイムに取得。

Firebase を使うことによって、データベースが更新された時に、ローカルパソコンで立ち上げていた node.js のサービスが、その更新イベントを拾ってくれるというところがポイント。

これでローカルパソコンを外部に公開する必要がなくなりました。

こういう使い方もあるんですね。