【ffmpeg】動画の始まりが乱れているのを直してくれるMACアプリを作ってみる

ffmpeg を使って、動画の長さのトリミングをする時、

↓こんな感じで、再エンコードなしで、切り出すと、

ffmpeg -ss 10 -i input.mp4 -c:v copy -c:a copy output.mp4

映像の始めが乱れてしまうことがあります。

これをキレイに始まるようにするためのmac アプリを自作しました。

MACのオートメーターを使って、「シェルスクリプトの実行」の項目を使います。

その中に、↓以下のコードを記述します。

fpath="$1"
fdir="${fpath%/*}"
fname_ext="${fpath##*/}"
fname="${fname_ext%.*}"
fext="${fpath##*.}"
/usr/local/bin/ffmpeg -ss 1 -i "${fpath}" "${fdir}/${fname}_export.${fext}"

ファイル名やディレクトリ名の取得には、↓こちらのサイトを参考にしました。

この状態でアプリを書き出します。

そのアプリに、映像が乱れている動画をドラッグ&ドロップすると、

時間はかかりますが、

最初の乱れている部分(1秒間)が切り取られた始まりがキレイな動画が、【ファイル名】_export.【拡張子】の名前で、新たに作られます。