Dash ボタン を押して、iftttのWebhooks経由で、Google スプレッドシートに登録して、Google Home に喋らせる

先日、Amazon の Dash ボタンを押した時に、node.js を使ってイベントが拾えるようになりました。

その中で、↓以下のURLにアクセスします。

var url = "https://maker.ifttt.com/trigger/dush_button_pressed/with/key/XXXXXXXXXXXXXXXX";
var request = require('request');
request.post(url);

この時のURLは、ifttt の Webhooks のアドレスです。

↓こちらのページから、ドキュメントを見てみると、

Webhooks 用のAPIキーを見ることができます。

専用のURLを叩くと、ifttt の Webhooks を経由して、 Google スプレッドシートに通知が行くという仕組みを作ってみました。

Amazon Dash ボタンを押したイベントで、Webhooks 専用のURLを叩く → Webhooks → Google スプレッドシート

こうすることで、どこからでもURLを叩いて、Google スプレッドシートに通知したり、データを追加できます。

これで、「Amazon Dash ボタン を押す」→「ifttt Webhooks」→ 「Google スプレッドシート」→「Google Notifer」→「Google Home mini」で音声を出す。

という流れができました。