integromat は UI がわかりやすい

integromat というアプリ間の連携をするサービスを使ってみた。

簡単に言うと ifttt みたいなサービスです。

何も見なくても、直感で操作できる感じです。

データベース(Data Source)も、サービス内で使用できます。

試しに、「Scenarios」を作ってみました。

Webhook → Data Source (登録) → Data Source (参照) → Slack

ブラウザでWebhookのURLを叩いて、その引数をデータベースに登録して、スラックに通知するというもの。

https://hook.integromat.com/xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx?test1=テストです

(★重要!)Webhook のURLの引数を変数として、以降のプログラムで使用するには、一度だけWebhookのみで実行完了させないといけない。

Slackには、データベースに登録した引数と、タイムスタンプを表示するようにしてみました。

データベースに登録・参照をする場合は、2回呼ぶ感じですね。

パッと見で、何をしているかがすぐわかるので、これからの簡単なプログラムの主流になるんじゃないでしょうか。

これでプログラマの仕事が減るかもしれない!?

integromat の無料版は、1か月で1000タスクなので、多用ができませんが、

この便利さなら、月1,000円くらいで、有料版を使ってみてもいいかもしれない。